借りる金額は必要な分だけ

カードローンを申し込むときに「どれくらいお金を借りようか」と悩む方も多いのではないでしょうか。最初こそ必要な分だけと思っていても、もしかしたらもっと必要になるかもしれないと考えて多めに設定してしまうこともあるかもしれません。また契約しようとしている会社の最低融資額が高いということもあるでしょう。どうすれば上手に借りることができるでしょうか?
カードローン審査の利用で気をつけることは、「必要以上のお金を借りない」ということです。必要な金額以上のお金を、もしものときのために、と考えて引き出すのは良い方法とはいえません。本当に起こるか定かでないもののために余計なお金を借りても無駄になることが多く、借りすぎの原因になります。それと連動して返済額も増え、返済が長引けば利息も膨れ上がり、支払っていくのが難しくなってしまいます。
とにかく必要以上に借りないのと同時に、必要なとき以外は借りないようにすることです。ATMで気軽に引き出せてしまうため、借金というより預金をおろしているような感覚になってしまい、気付いた時には借りすぎていた、ということがおこってしまうのです。そのため必要でないときはローンカードを携帯しないようにするなどの対策を講じましょう。またキャッシュカードと一体になっているときは、「ついでに借りよう」という気持ちにならないようにしっかりと自分をコントロールできるように努力する必要があります。
もうひとつの方法は利用枠に余裕を作らないことです。つまり利用枠をギリギリまで低く設定しておくのです。カードローンは最低融資額が10万円となっているので、10万円で設定しておくと、それ以上の金額で借りてしまうことを防ぐことができます。しかし10万円といえどそれなりに大きな金額なので、やはり必要以上に借りないようにすることが重要です。

関連記事