消費者金融の時効の可能性

消費者金融から借り入れをしたものの、支払いがとどこおり、長期間にわたってそのままの状態になっているという場合には、時効が成立する可能性があります。これは法律上は消滅時効とよばれるものであり、一定の期間にわたって、債権者である消費者金融がその債権を行使しないときには、債務のほうも消滅するということになります。要するに、この期間が成立すれば、もはや借り入れの残金を支払う必要もなくなるということです。
成立するまでの期間については、友人や知人といった、一般的な個人からの借り入れであった場合には、10年間となっています。しかし、消費者金融が相手である場合には、商業上の債権ということになりますので、5年間となり、一般的な債権よりも短い期間で成立することになります。

ただし、成立までの期間内に、消費者金融から督促状が届いたり、訴訟を提起されたりするなどの、何らかの請求のアクションがあった場合には、債権を行使しなかったことにはなりませんので、そこで期間のカウントが中断してしまいます。また、督促などがまったくないままに定められた期間が経過したとしても、そのことを相手である消費者金融に対して通告する、援用と呼ばれる手続きが必要となります。消費者金融審査甘い口コミなど参考に調べてみるのも良いでしょう。

援用については、民事訴訟のなかで時効を主張するということのほかにも、たとえば内容証明郵便などを使って相手に伝えるといったことでもよいものです。こうした法律上の手続きにまちがいがあると問題ですので、不安がある場合には、弁護士による法律相談などを活用したほうがよいでしょう。

関連記事