消費者金融を選ぶポイント:悪徳業者に引っかからないために

消費者金融は数多くあるのでどこで借りたらいいのか分からないとお困りの方もいるかもしれません。また、悪徳業者も多くいるので選ぶ際は注意が必要です。
まず避けるべきなのは、一回も消費者金融を使用したことがないのに、勧誘やセールスをしてくるところです。基本的に消費者金融は電話、ダイレクトメールなどで新規顧客の勧誘は行いません。セールスをする場合は必ず、一度使用したことがある人に限定されています。また電柱の張り紙広告にあるものも信用しないほうがいいでしょう。ヤミ金である可能性が極めて高いです。問い合わせしても借入や返済に関しての説明を明確にしない業者も要注意です。
悪徳金融業者の代表的な手口を紹介します。
090金融:090・080・070などから始まる電話番号しか載せない金融業者です。固定電話を表示しない時点で違法なので、携帯電話しか明記していない場合、ヤミ金であると考えて間違いないでしょう。
チケット金融:商品券などのチケットを買わせ、金券ショップなどで換金させますが、換金した差額と利息の割が合わないのでこれも悪徳金融です。
システム金融:複数の業者がグルになって融資してくるのが特徴で、ひとつの業者が融資した後、他の業者がセールスを掛けきます。
年金担保金融:年金生活者を対象とした年金担保金融は特別銀行や郵便局などの公的金融業者のみに認められているので、勧誘が来た場合は悪徳業者である可能性が高いです。
紹介屋:他の業者を紹介し、その紹介料を要求してきます。実際に仲介は行われません。
買取屋:クレジットカードで商品を買わせて、融資を行わないのが手口です。
整理屋:多重債務者に弁護士などを紹介するふりをして手数料だけ持っていきます。

関連記事